断熱材を選ぶなら自然素材のセルロース セルロースファイバー断熱材は、”安心と快適”を兼ね備えた健康的なエコ建材です。セルロースファイバーは自然の木の繊維。「セルロースファイバー工房」がお届けするセルロース断熱材「InCide PC」は,100%アメリカ国内の新聞紙から作られています。
三重県でセルロースファイバーの施工なら「セルロースフアイバー工房」にお任せください。電話059-373-7977(セルロースファイバー工房・株みのや・スズカハンター店内)


セルロースファイバー工房

アメリカ・インサイドPC社・セルロースファイバー専門店 

Tel.059-386-0737
セルロースファイバー施工店

InCide PCセルロースファイバーと、
他社のセルロースファイバーの耐火性能を比較してみました。

セルロースファイバー,インサイドPC
セルロースファイバー,インサイドPC


ホウ酸に関して
セルロースファイバー断熱材と呼ばれるものにはホウ酸が難燃剤として添加されています。


ホウ酸と一口に言っても様々な種類があり、危険性が極めて高いものもあります。


ホウ酸の種類・危険度等に関する情報

ボロン#10の製品安全データシート
セルロースファイバー断熱材InCidePCに使用されるホウ酸(Sodium Polyborate ボロン#10)に関する情報はページ1の中段に黒い矢印で示してあります。
セルロースファイバー断熱材InCide PCは、製品安全データシート(MSDS)を作成・公に公表しています。


セルロースとグラスウールの防火実験

U.S.Borax, Inc.の研究者、ドナルド・J・ファーンとカルヴァン・K・シェンは、セルロース断熱材に含まれるホウ酸について、8年以上に渡ってデータを収集し、これにより屋根裏に施工された断熱材の薬効に一切の変化がみられなかったと証明しました。

1996年12月の天然資源保護協議会( Natural Resources Defence Council, NRDC)は、報告書において”セルロース断熱材中のホウ酸の防火性能が減少するには300年以上かかる”と述べています。

断熱施工のエキスパート